絶対音感

とあるブログにて、
「絶対音感の持ち主は音階と音階に付けられている名前が一致しないとイライラするであろう」
という目からウロコな仮説をぶち上げていました。

例えば、「白藤さん」。
この単語を発しても、「しら」の部分が「シラ」という音階になっていないので、絶対音感の持ち主はイライラするはずだという仮説です。

ちょうど僕の近くにも絶対音感を持っている人が居たので、言ってみたんですがノーリアクション。
「白藤さんがどうかしたの?」と疑問を投げかけてくる始末です。

事の経緯を説明したところ、「そんなものは気にならないよ。」と一蹴されました。
理由を聞くと、

理由1:会話での音階はそれほど正確ではないから気にならない
理由2:意識すれば「ファの音に近い」というようなことは分かるが、普段は意識してない

というような感じでした。




しかしここで、この仮説に光をもたらす言葉が絶対音感の持ち主から発せられました。








「ドラミちゃんの歌はイラッとするけどね。」


僕の検索の力をフルに活かして、試聴ができる場所を探しまくりました。
それがコチラ

ディスク2の14曲目、「ハロー!ドラミちゃん」が問題の曲です。


前半部分だけの歌詞と音階を調べましたので↓
(最後の「シ」以外の「シ」は全て♭です)


(歌詞)ドラミ ドラミ ドラミドラ ラララ ラララ ミミドラミ
(音階)ドラファ ドラファ ソファミレド レシソ レシソ ララシシド

(歌詞)ラミド ラミド ラミドラミ
(音階)レドシ ドラファ ソラソシド


特に最初がイラつくそうです。
「ドラ」のところまで一緒なのに、「ミ」のところで食い違うのがさらにイライラを増幅させるそうです。

なぜここまで食い違うのか。
作曲家と作詞家の仲が悪かったのでしょう。
悪意を感じます。


これで仮説が証明されました。
お帰りなさいアインシュタイン。
[PR]



by amagoi1983 | 2006-09-11 14:11 | 雑記

喧嘩に明け暮れる日々
by amagoi1983
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

幕の内カップ!
at 2011-01-20 21:42
伊達直人問題
at 2011-01-19 19:59
覚えにくいブラジル
at 2011-01-10 15:30
がっかりだよお釈迦様
at 2011-01-08 11:45
卯年2011
at 2011-01-03 19:08

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧